脂漏性皮膚炎 治らない

脂漏性皮膚炎がなかなか治らない意外な原因!実は腹筋に関係あり?

ネットの情報に納得した男性

脂漏性皮膚炎がなかなか治らない人にはある共通点がある。こんなことを指摘しているお医者さんがいます。

 

私自身にも当てはまっていたことで、かなり納得のお話なので紹介しますね!

 

スポンサーリンク

脂漏性皮膚炎がなかなか治らない意外な原因!

脂漏性皮膚炎がなかなか治らず悩んでいる人

脂漏性皮膚炎がどうしてなかなか治らないのか考えたことがありますか?

 

私も長らく良くなったり悪くなったりの繰り返しだったので、そういう病気なんだなという感じであまり深く考えないようにしていました。

 

しかし、このサイトを立ち上げるにあたり、もう一度脂漏性皮膚炎について調べてみようと思ってネットで情報を集めていたんです。

 

そうしたらとても興味深い記事を見つけました!

 

皮膚科専門医の方が書いた記事で、頭の脂漏性皮膚炎の患者さんは、ある共通の特徴があるというものです。

 

>>脂漏性皮膚炎がなかなか治らない理由!<<

 

簡単に言ってしまうと姿勢が関係しているんですが、あなたはお腹や首の後ろに「谷折り線」がついていませんか?

 

私はお腹の部分に姿勢が崩れているときにできた横線がバッチリ入っていますし、首の後ろの部分も家族に確認してもらったところ、うっすらと線が入っていました。

 

谷折り線がついている人は、お腹がたるむような姿勢をずっとしており、腹筋が鍛えられず腹筋不足の状態になっています。

 

腹筋不足だと腸が温められず、十分な量のビタミンB2やB6が作られないということです。

 

なので、脂漏性皮膚炎の人はビタミンB2やB6を処方されることが多く、それによって症状が改善することがあるんですね。

 

私もバッチリ谷折り線が入っていたので、腹筋を鍛えて姿勢にも気を付けています。

 

雑誌で見かけたライザップ流のトレーニング方法が、すごく効果が高いと感じたので紹介しますね!

 

スポンサーリンク

自宅でできるおすすめの腹筋トレーニング方法!

 

ライザップといえば、結果にコミットするで有名ですね。

 

その人気からか、最近は本も出ていますし、雑誌などで特集を組まれることも多いです。

 

ある健康系の雑誌を買ったときに、ライザップの食事やトレーニング法が書かれていて、腹筋に効くというトレーニングがすごく効果的だと感じたので紹介します。

 

詳しくは動画をご覧いただけると分かりやすいです。

 

やり方としては、あおむけに寝て、左腕のひじと右脚のひざ、右腕のひじと左脚のひざを交互にくっつけるというもの。

 

最初はきついと思いますが、腹筋が付いてくるとそれなりにできるようになりますし、お腹周りが細くなるのも感じたので、ぜひ試してみて下さいね!

 

スポンサーリンク