脂漏性皮膚炎による頭皮のフケがブラッシングで改善!?

脂漏性皮膚炎による頭皮のフケがブラッシングで改善!?

ブラッシングしている男性

脂漏性皮膚炎による頭皮のかゆみについては、私はシャンプーから洗顔石鹸に変えたことが改善した一つの要因だと感じていますが、もう一つの要因があります。

 

それが「ブラッシング」です!

 

洗髪するときにブラッシングがいいということは、いろんな雑誌や頭皮ケアの本にも書かれているので知っていましたが、脂漏性皮膚炎になってからはやったことはありませんでした。

 

健康な人にはいいかもしれませんが、頭皮が傷ついてしまうような気もしましたし、さらに髪の毛が抜けてしまうのではないかと思い、ちょっと怖いというのもありました。でも、だんだん髪の毛が薄くなってきたと感じていたときに、ある雑誌を見たんです。

 

花王の研究によるものなのですが、26〜55歳の男女24人を1日3回頭皮マッサージ(側頭部)をするグループとしないグループに分け、半年後の血流量と毛髪密度を調べた結果、頭皮マッサージをしたグループの血流量や毛髪密度がアップしていたというのです!

 

それを見て、自分も頭皮マッサージをしなければと思ったのですが、それとともにフケのようなものも極力落としたほうがいいのではということも考えました。

 

フケが残ってくっついているのは不衛生なので菌も繁殖しやすいですし、ローション等の薬もしっかり皮膚に塗れていないと思ったからです。

 

これは賛否両論あるかもしれませんが、私が病院からもらった脂漏性皮膚炎のパンフレットにも、鱗屑(りんせつ:角質が肥厚し剥離したもの)は取り除きましょうと書かれています。

 

鱗屑を取り除く説明書き

手のほうが頭皮にはやさしいと思いますが、それだけではなかなか落としきれませんよね。なので私は頭皮マッサージを兼ねてブラッシングをしてみることにしました。

 

ここで1番の注意点は絶対にゴシゴシこすらないことです。

 

そのため、ブラシの先端の形状もけっこう大事です。あまりに先端の幅が広いものだと上手くフケが取れませんし、先端が細すぎると頭皮を傷つけてしまいます。

 

いろいろブラシを試しているうちに分かってきたことがあるので、どういうブラシを使えばいいかについては脂漏性皮膚炎の頭皮に最適なブラシはどれ?をご覧下さい。

 

シャンプーを洗顔石鹸に変えたことに加えブラッシングをするようになってから、フケが減り、かゆみもほぼなくなったと実感していますし、最悪の薄毛の状態は脱しました。頭部を触ったときに、元気な髪の毛が生えてきていると感じています。

 

なので、少し怖いと感じる人もいるかもしれませんが、是非一度ブラッシングを試していただきたいです。ゴシゴシこするのではなく、軽く小刻みに動かすような感じでフケを落としてみて下さい。

 

頭皮マッサージは両サイドにブラシを押し付けて頭皮を上に持ち上げたり、頭皮を前後左右に動かすような感じでやってみて下さいね。

 

スポンサーリンク